免許を持っていません。だから、わが家にも車はないのですがCMなどを見ているとかわいい軽自動車がいっぱい発売されていてうらやましく思います。
私はもう、歳なので今さら免許を取ったところで運転するのが怖くてペーパードライバーになってしまうことは目に見えているので子供が18歳になったら免許を取らせようと企んでいます。
子供も中学生と高校生になりだいぶと手がかからなくなりましたが、昔は熱を出したりして小児科に連れて行くにも車がないので自転車で行っていて冬などは熱があるので厚着をさせて連れて行ったりしたのを思い出します。その時、いつも私が車の免許を持っていればもっと子供につらい思いをさせなくてよかったのにと何度も思いました。でも、今となってはいい思い出ですが、、、
将来、私も歳をとって病院通いになったりした時にも車があるのとないのでは全然違うと思うので、絶対に子供には免許を取ってもらいたいです。私ががんばって車を買ってあげるから免許はとってねとお願いしていますが、実際子供の運転する車に乗るって結構ドキドキして色々口を出してしまい怒られてしまいそうですが、、、
http://www.locux.org/

車両保険の種類には、エコノミータイプの車対車+Aがあります。これは車両保険の種類のひとつで、一般条件の車両保険より補償範囲を限定したものです。メリットは、一般条件の車両保険よりも保険料が安くなる場合があるところです。車両保険が必要なのかどうかわからない人は、単純に車体価格で判断するのがおすすめです。そこで基準となるのが、一般車両保険ですが、これは車の価値が100万円を超える場合に利用します。エコノミー車対車+Aの場合、50万円を超える車の場合に利用するのが一つの目安になります。但し、エコノミー車対車+Aの場合、台風や洪水は補償されるのですが、地震、噴火、津波などは補償されません。そのため、保険会社によっては、地震、噴火、津波危険補償特約を用意しているところがあります。エコノミータイプである車対車+Aの特徴は、基本的に車同士の事故のみを補償するところで、相手が分からない場合は、保険金は支払われません。一般タイプとのの違いは、エコノミータイプの場合、自分が単独でぶつかった事故と当て逃げ事故が補償されないという点です。詳細は一括見積もりで各損保会社の保険料を比較して検討することをおすすめします。

一口に自動車保険の最安値を探す、と言ってもそれは容易なことがありません。
国内には複数の保険会社がありますので、それらすべての保険会社に依頼を出さなければ本当の最安値を見つけることは出来ないのです。
今はインターネットを利用して短時間で見積もりを依頼することもできますが、十数社の保険会社に依頼すれば、短時間という訳にはいきません。
2時間程度はかかってしまうでしょう。
では、どうしたらいいのか、というと、自動車保険の一括見積もりサイトの活用です。
この一括見積もりサイトというのは、一度、必要事項を入力するだけで最大21社の保険会社へ、見積もりを依頼することができるサイトのことです。
利用手数料や、登録料、月額料金などは一切かからない完全無料のサイトですので、なんの出費もなく、最安値の自動車保険を探すことができます。
難しい手続きや入力は何一つありません。分かりやすくナビされていますので、誰でも簡単に、見積もりを依頼することができます。
運転免許証と現在の自動車保険の保険証券さえあればオッケーです。
このサイトを上手に活用して、サクサクと最安値の自動車保険を探し出しましょう。月々の支払いがぐっと抑えられること請け合いです。

日頃買い物をする時、特に大きな買い物をする時には、一番安いところから、買うために努力しますよね。
ネットで最安値を調べたり、チラシをくまなくチェックしたりすることでしょう。
1円でも安く買いたいのは、人間として当然の心理です。
では、自動車保険は?自動車保険の更新の前に同じように最安値を調べていますか?たぶん、その答えはノーだと思います。
多くの人が惰性で自動車保険を更新していることでしょう。
どこの保険会社でも大して保険料も変わらないと思っている人がほとんどだと思います。
けど実は、保険会社によって、保険料は大きく異なります。
同じ補償内容でも保険会社によって、保険料が相当安くなることが多々あるのです。
ですので、最安値を知らずに更新をするのは大きな損です!
「だったらどこの保険会社が最安値なのか、教えてよ」
そう思うことでしょう。
しかし残念ながら自動車保険の場合は、人によって加入する条件や補償内容が異なりますので、最安値の自動車保険がどこなのか、という質問については、すぐに答えることができないのです。
それを知るには国内に数多くある保険会社にそれぞれ見積もりを依頼して比較するしかありません。